不倫でのカウンセリング | 不倫でのご相談

いわゆる「 不倫 」と云われてしまう関係、
そうしたご相談で、
カウンセリングにお越しになる方たちも、いらっしゃいます。

人を好きになる苦しさや悩みに、
年齢は関係ありません。
二十代から五十代の方まで、面談にいらっしゃいます。

つらさや苦しみを、おひとりで抱えずに、
お話しにいらしていただけたら、と思っています。

女性だけでなく、もちろん男性も、
こうしたご相談内容でお見えになります。

相手の人から、「 最近、精神的に不安定な様子で心配だから、
カウンセリングに行って欲しい
」と云われて、
申し込まれる方などもいらっしゃいます。

   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

カウンセリングには「 守秘義務 」があります。

ですので、ご相談の中身やご相談者の個人情報などは、
あくまで相談室内だけのこと、
カウンセラーとご相談者との間だけのことです。
外に漏れ出ることはありません。

ですので、
安心してお話しにいらしていただけると思います。

そして、カウンセリングは
人を外面的な価値判断で評価したり、
物事を「 良い・悪い 」という様な単純な見方で、
お話をしてゆくような場所ではありません、ということを
あらかじめお伝えしておきたいと思います。

ご一緒に少しずつ、気持ちや心を整理・消化してゆくこと。
それがとても大切に思っています。

   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

いわゆる不倫、と云われしまう関係、
そうした関係から生まれてくる精神的ストレスや心の葛藤で、
ひどく苦しい気持ちになることが多くなったり、
情緒が不安定になってしまったり ・ ・ ・

先の見えない焦りと不安から、
一人になると、ひどく落ち込んで何も手につかなってしまう、
ということも、あるのではないでしょうか。

しかも事柄の性質上、
身近な人や友人にも、相談や話しができないことも多く、
ご自分だけで抱えていらっしゃるケースも、たくさん拝見します。

いけないことだとは分かっているけど、
いまの私は、彼との関係があることで、
精神的に不安定にならずにいられるんです

逆に、そう打ち明けてくださる女性もいらっしゃいます。

不倫の背景にも、様々な理由・様々な事情があります。

相手の人には直接は云ないような気持ちを、
面談の場で吐き出すことで、
ご自分の気持ちを整えてゆくために、
カウンセリングへお話しにいらっしゃる方も、おられます。

あるいは、
このまま曖昧な関係を続けていても、
先が見えない、将来が見えないことは分かっているので、
前向きにすすんでゆくために、
相手の人への気持ちを整理していきたいと思って

カウンセリングに申し込まれる方も、いらっしゃいます。

カウンセリングでのご相談では、
女性が独身で男性が既婚者、というケースが多くなりますが、
その逆の場合(女性のほうが既婚者)だったり、
互いに既婚者同士のケースでのご相談、という場合もあります。

   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

お互いが既婚者という場合では、
二人とも家庭を壊す気はなく付き合ってきたけれど、
相手から別れを云われたり、
次第に相手が距離をとろうとする様子が見えてくるにつれて、

気持ちが混乱し、心が動揺して、
 家にいても何も手につかなくなってしまっている

不安定になって、子どもにひどく当ってしまう
というような事も起きてきます。

中には、互いに正式に離婚して、一緒に住むようになれたのに、
そうなってから二人の関係が上手くいかなくなっている ・ ・ ・
というケースも、意外に少なくないかも知れません。

   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

不倫という形の恋愛関係に入ってしまう前までは、
むしろ不倫に対して、
絶対にいけないことだと思っていたし、イヤだと思っていたし、
自分はそういうことはしない、と考えていたのに ・ ・ ・。

そうした女性は多いのではないでしょうか。

そのため心の奥では、いつか彼と一緒になりたい、
自分との生活を(彼に)決心してもらいたい、
という生身の女性としての気持ちがある一方で、
相手の奥さんや子どもを悲しませたくない、
そんなひどいことを、出来たらしたくない ・ ・ ・。

そうしたジレンマ・葛藤に、ひどく悩み苦しむことになります。


本気だから苦しむ関係

関係が深まるにつれて、
女性の心の奥に、真剣な気持ちが芽生え、
相手の男性に対して、二人の関係を将来どうするつもりなのか、
そして奥さんとのことをどうするのか、
自分でハッキリ決断して欲しい 」 という思いが、
強く生まれてくる場合があります。

しかし男性の多くは、女性から見ると、
どっちつかずの優柔不断に見えることが多く、
不信感や不安に苦しめられることが多くなります。

実際に、ストレスで体調を崩してしまう方、
気分の浮き沈みが激しくなってしまうケースもあって、
仕事をお持ちの場合には、
そうなってしまっては、なおさら大変なことになります。

あるいは、職場の上司と部下の関係の時などは、
会社に行くのがつらくなったり、気持ちが仕事に集中できず、
しだいに仕事が手につかなくなっていく ・ ・ ・。
そんなことも起こりえます。

転職や退職を余儀なくされる、というケースもあります。

   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

たとえば、十年・十五年と長く交際してきた場合などは、
彼の言葉を信じて結婚できることを期待していたし、
尽くしてきたし、頑張ってきたけれども、
もう今では、相手の人が離婚することはあり得ないと、
彼の態度や言動から頭では分かってはいても、
どうしても別れる決心がつかない ・ ・ ・

そんな訴えや苦しみを、打ち明けて下さる方たちも、
いらっしゃいます。

ここまできて引き下がるのは悔しい
気持ちの整理が付けられない

相手の奥さんに「 負けたことになってしまう 」。

これまでの長い時間を考えると
ひどい空虚感や虚しさに襲われてしまう 」。

たとえば、そんな苦しい思いの内を、
打ち明けて下さる方もいらっしゃいます。

そのまま、ありのままで

いろいろなことが、それ以上悪循環におちいってゆく前に、
お話しにいらしてみませんか。

カウンセリングはお話しをしてゆくところですので、
そのままいらしていただけたら、大丈夫です。

 

 上にもどる

 

 

 品川区大井町のカウンセリング・ルーム「森のこかげ」は「不倫関係・不倫の悩み」でのカウンセリングも行なっています。 

東京都品川区のカウンセリングルーム | 森のこかげ
面談カウンセリング案内
電話・スカイプ カウンセリング案内
面談カウンセリング お申し込み・問い合せ