「 仲よし夫婦 」の印象

以下に記すことは、
わたしがカウンセリングをおこなっている中で、
持つようになっている印象にすぎません。

世の中全体では実際にどうか、とは無関係ですので、
ご承知おき下さい。


仲よし夫婦、ではなく「 仲よし夫婦 」と、
「 」をわざわざ付けているのには訳があります。

そこには、
「 周囲の人たちに仲良し夫婦と思われているカップル 」
という意味があります。

そして、カウンセリングでお目にかかっている中には、
そうした「 仲よし夫婦 」が
突然ポッキリ壊れてしまった、様に見えるケースに出会います。

わたしの印象では、
こうした「 仲よし夫婦 」ほど、
「 突然ポッキリという壊れ方 」をするように感じるのです。

それを拝見するのは切ないですし、残念でもあります。


わたしは最初に、「 仲よし夫婦 」の意味を、
周囲の人たちに仲良し夫婦と思われているカップル、
そう申し上げました。

そうした「 仲よし夫婦 」の中には、
もしかすると、ご夫婦が、あるいはご夫婦のどちらかが、
周囲の人たちに仲良し夫婦と思われるように振る舞っている。

あるいは、
「 仲よし夫婦とはこういうもの 」というイメージがあって、
そのイメージに寄り添うことで、安心感を得ようとしている。

そうした場合が、あるかもしれません。

もしそうした面があったとすると、
「 突然ポッキリ 」と感じるのは、あくまでも、
「 仲よし夫婦 」と思っていた周囲の人たちだったり、
二人の仲に安心し切っていたパートナーのほうであって、
もうダメだ、無理だと表明した人にとっては、
突然ではないのかもしれません。

いえ、更に考えてみると、
自分自身でも「 突然ポッキリ 」となった自分の気持ちに、
驚いていることが、あるかもしれません。

そのためなのかどうか、
どうして別れたいのか、何故なのかと相手から訊かれても、
とにかくもうダメなんだ
悪いのは自分なんだ、気持ちがなくなってしまったんだ
としか、云えないのかもしれません。


たとえば、ですが
うつ病 」や「 抑うつ状態 の場合などでは、
昨日まで普通に働いているように見えていた人が、
ある日を境に突然、仕事に現れなくなる。
ベットや蒲団から起きれなくなって会社に来られなくなる。
というケースが、とても多くあります。

人の心は、ギリギリまで頑張り過ぎると、
突然ポッキリ、と折れてしまうことが起こるのかもしれません。

とても残念でなりません。

いずれにしても、夫婦のことです。
他人には分からないこと。
いろいろな事情やいきさつというものが、あるはずです。

何処ですれ違っていってしまったのか、
振り返って考えてゆくことは、とても大切かも知れません。

 


上にもどる

 
   

 

東京都品川区のカウンセリングルーム | 森のこかげ
面談カウンセリング案内
電話・スカイプ カウンセリング案内
面談カウンセリング お申し込み・問い合せ