夫婦カウンセリング

「 夫婦カウンセリング 」とは、
ご夫婦お二人で面談にお越しいただいて、
カウンセラーをまじえて、
ご一緒にお話しをしてゆくものです。

森のこかげでは、カウンセリングを始めた当初の頃から、
個人カウンセリングと並行して、
夫婦カウンセリングも行なってきています。


【 夫婦関係・結婚生活のご相談 】

「夫婦関係」や「パートナー」についての悩みやご相談では、
奥さんかご主人のどちらかが、カウンセリングにお越しになって、
面談を続けてゆく、という形が最も多くなります。

そして、カウンセリングでは、
夫婦関係や結婚生活についてのご相談のケースは、
かなり大きな割合を占めています。

カウンセリングでご一緒にお話しを続けながら、
夫婦の危機を乗り越えてゆかれる方たちも、いらっしゃいます。

ほんとは夫婦二人で来たかったけれど(夫は、妻は)
 絶対カウンセリングには来ないと思うので

やり直していくためにも、
 まず自分の気持ちを整理していく必要があると思って、
 カウンセリングに申し込んでみました

何かというとケンカが絶えない状態になっていて、
 このままでは子どもにも良くないので、
 自分の感情をなんとかしたいと思っている

(夫から・妻から)自分ではどうにもして上げられないから、
 カウンセリングに行って欲しいと云われた

離婚はしたくないけど、また同じようなケンカが起きると、
 一緒にいることに、耐えられなくなりそうな自分がいる

これ以上(妻との関係を)どうすればいいのか、
 自分ではもう分からずにいる。なので、
 整理することで、どうしたらいいか見つけていけたらと考えて

ずっと夫のことを責めてきたけれど、
 自分にも、何かいけないところがあるんだと思います。
 だったら、せめて自分のことだけでも解決したいと思って

このままだと二人の関係が壊れてしまうと思うので、
 少しでも自分を変えていきたくて申し込んだ

カウンセリングにいらっしゃるきっかけについて、
そんなふうに打ち明けて下さる方たちも、いらっしゃいます。

最近では、
どこに相談に行っても、
 "それはDVだから、すぐに家を出なさい"とばかり云われる。
 もっと話を聴いてもらいたくて、ここに来ました

そんなふうにおっしゃる方がいらっしゃいます。


その一方で、「 夫婦で行きたい 」とおっしゃって、
ご夫婦でカウンセリングにお越しになる方たちも、
いらっしゃいます。

五十代のご夫婦から二十代のカップル、
六十代のご夫婦もお見えになります。

わたしも既に五十代ですので、
割合からすると、
おのずと、年下のご夫婦とお会いする機会が多くなります。

夫婦二人だけでの会話・話し合いでは、
相手の言葉や話に耳を傾ける、というよりも
互いの主張をぶつけ合い、意地の張り合いの形にって、
感情的な言い合いに発展しがちです。

その繰り返しの結果、
その時その時の思いはなにも解消・解決されずに、
相手への不信感やフラストレーション、
我慢やイライラばかりが、積もり重なっていきがちです。

本当はどのご夫婦も、みな同じ悩みを抱えています。
それが決定的な亀裂へと発展し、離婚へとつながるご夫婦も、
残念なことに、とても多いのが現実です。


夫婦カウンセリングの形

夫婦カウンセリングで、最も大切にしているのは、
( 夫婦カウンセリングに限りませんが )

何が悪い、誰が悪い、夫が悪い、妻が悪い。
そうした「 犯人探し 」ではなく、
互いに、感じてきたこと、思ってきたことを話し合いながら、
二人の関係を考えてゆくこと、理解してゆくこと。

長いカウンセリングの経験から、
そうしたことが最も大切になるように、思っています。

カウンセラーを交えた場で、
互いの云わんとしているところを、少し交通整理をしつつ、
改めて話し合ってみることで、これまでと少し違ったものが、
見えてきたり、感じられてくるのでは、ないでしょうか。

そうしたこともあって、
夫婦カウンセリングにいらしたことをきっかけに、

二人でいろいろ話し合う機会を作った

ここで話したことを踏まえて、
 帰ってからも二人で話し合ってみた

そう報告して下さるご夫婦もいらっしゃいます。

もちろん、カウンセリングにいらっしゃる最初から、
そんな気持ちには、なかなか成れないのが当たり前です。

どうでもいい事なら会話になったとしても、
肝心な事になると、互いに感情的になって、結局は売り言葉に買い言葉で、話が枝葉の方にばかり広がって行ってしまうことは、とても多いものです。

二人が、互いの気持ちや考えを、
改めてきちんと聞いて、理解し合う必要があるかもしれない。
感情的にならずに話し合ってみたい。
そう思われたとしたら、いらしてみてはいかがでしょうか。

そんなふうに思っていたのを、いま初めて聞いた・知った
そんな言葉が聞かれることも、よくあります。


男と女の感性・発想の違い

ましてや、男性と女性では細かな部分で、
感性や発想の違い・ものの見方の違い、というものが存在します。

これは特に、なによりも夫婦間のコミュニケーションの場で、
強く現れ出ることになります。

わたしたちはどうしても、
自分流のメガネを通してしか、相手や人を見れないものです。

そこから生まれる、すれ違い・食い違い、というものは、
日常生活を共にする夫婦だからこそ、決してバカになりません。

こうしたことも、
夫婦カウンセリング、もしくは夫婦関係のご相談では、
とても大切なテーマになってくるのが現実です。
 

こんな話を二人だけでしていたら、
 ぜったいにケンカになっていた(いる)と思う

そうした言葉やお聞きすることは、少なくありません。

そのためもあってか、時折
二人だけでは絶対に話さない(話せない)ことを
 ここで話している

そうおっしゃるご夫婦もいらっしゃいます。

お話をつづけてゆく中で、あらためて
お互いを発見することは、多いかもしれません。

「なにが悪い」「誰が悪い」「こうすべき」などの言葉を、
外側からいくら聞かされても、
お互いへの本当の理解は深まりませんし、
ご自分たちの関係を、二人で考えてゆく機会とはなりません。


仲裁とは違います

時折、カウンセラーがなにか「 仲裁 」のようなことをしてくれるのではないか、と考えて、申し込まれる方がいらっしゃいますが、これまで記してきたことでお分かりのように、「 仲裁 」を目的にされてしまうと、少し違ってくると思います。

   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

最初は一人で行ったほうがいいでしょうか。
 それとも、最初から二人のほうがいいでしょうか

そうしたご質問を受ける機会があります。

ご自分が希望する形に合わせたやり方を、選んでいただくのが、
一番良いのではないでしょうか。

ご夫婦それぞれが、一度お一人で話しにいらしていただいて、
それからご夫婦で来ていただくほうが、
良い形で夫婦カウンセリングが進んでゆくケースもありますが、
最初からお二人でいらしていただくのでも、
もちろん大丈夫です。

どちらでも結構です。

二人の場では、十分に話せないこと・云えないことも、
あるかも知れません。
実際に、ご夫婦でいらした後に、
ご自分ひとりで面談にいらっしゃる方もおられます。


すでに決心していらっしゃるケース

いろいろあった末に、ご夫婦のどちらかが、
「 もうこれ以上は無理だから 」と離婚を申し出ていたり、
そのため、既に別居状態にあるというケースもあります。

心の内では、どちらも
「 できれば離婚はしたくない 」
「 出来ればやり直す道やきっかけを見つけたい 」というお気持ちが少しでもあれば別ですが、そうでなければ、カウンセリングは人や相手の心を変えさせる為のものではありません、ということを、あらかじめお伝えしておきたいと思います。

ただし、二人だけでは、もう既に話が出来なくなっている。
感情的にこじれて話が堂々めぐりになっているので、カウンセリングの場で改めて話し合ってみたい、ということもあると思います。

上手にご利用していただけたら、と思います。


夫婦カウンセリングの場合のご相談料金などは、
面談カウンセリング案内でご確認をお願い致します。


上にもどる

 

  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 東京都品川区のカウンセリング・ルーム「森のこかげ」から、「夫婦カウンセリング」についてお伝えしています。 

東京都品川区のカウンセリングルーム | 森のこかげ
面談カウンセリング案内
電話・スカイプ カウンセリング案内
面談カウンセリング お申し込み・問い合せ