ふたつの心 〜 こころは複雑系 〜


カウンセリングをしていると、ときどき
「 ふたつの心 」「 ふたつの気持ち 」ということが、
とても大切なテーマになってくるときがあります。

わたしたちは、
いろいろな気持ちや心を抱えながら、生きています。

相矛盾する気持ちや心を、一緒に抱えていることだって、
ごく自然なことです。

それが、ありのままの当たり前な姿です。

( そういう意味では、心が一色に染まっているときほど
 不安定になりやすく、注意が必要なのかもしれません )


矛盾する気持ちというのは、たとえば

「こうしてみたい」「あんなふうにやってみたい」
そう思っている心や気持ちがあると同時に、
一方では、
「そんなことはしたくない」「あんなふうにはなりたくない」
という気持ちがあったりします。

そのどちらが本当の気持ち、というのではなく、
どちらも本当の気持ちや心、ではないでしょうか。

どちらも本当の気持ちだとしたら、
二つとも大切にしてゆく必要があります。

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

たとえば或る人が、
他人とうまく接することができないと、悩んでいたとします。
もっと人と近しく付き合えるようになりたい。
そういう思いがあったとします。

でも、わたしたちの中には「 ふたつの心 」があって、
互いにケンカをしている場合があります。

たとえば、人との関係であれば、

人と近しくなる・親しくなる、というのは、
もちろん喜びや楽しみも運んできてくれますが、
同時に煩わしさや我慢すること、相手に合わせて譲らなくては
ならないことだって、出てくるのが普通です。

そんな煩わしさを我慢しなければならないなら、
「 いっそ距離を置いて人と接した方がいい 」
そう思う人だって、当然いらっしゃることでしょう。

人間にとって最も大きなストレス源は、人間だからです。


ふたつの心 ・ ふたつの気持ちの間で
わたしたちは揺れ動いていることがあります。

そして、それを忘れがちです、というよりも
自覚できず、意識できずにいることが、多いものです。

そして、ここでいう「 ふたつの心と気持ち 」というものが、
いわゆる「 葛藤(かっとう)」と云われるものの姿です。

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

たとえば、
カウンセリングでお話しをしている時に、

わたしには●●●のところがあって、
 どうしてそうなんだろうって自分で悩んできた。
 そうしたところを変えていきたい、どうにかしたい

そうした訴えをされたとします。

そんな時、もしかすると人生相談などでは、
( 残念なことに、ときにはカウンセリングでも )

「 では、そうなる為に、こうしてみましょう 」
「 こうやってみましょう 」
みたいな対応に、なることが多いかもしれません。

しかし、人の心や内面は、複雑系の世界です。
言い換えれば、
「 葛藤 」を抱えていることのほうが普通です。

ですので、
本来のカウンセリングであれば、
お話や訴えをお聴きしながら、
まずは、それをご一緒に整理し理解してゆくことを、
とても大切にしています。


そうした中で、時折ですが
もしかすると自分は、そうしたい(なりたい)とは
 思っていないのかもしれないですね

わたしは、本当に良くなりたいと思っているのかなあ

そんなふうに、ご自分自身のもう一つの気持ちに、
気づいてゆかれる方も、いらっしゃいます。

実はここから、本当の意味での大切な一歩が、
始まるのかもしれません。

自分のもうひとつの気持ちに気づいてあげられる。

そのこと自体が、ご自分の中で、
「 なにかが動き始めている 」ということを
意味しているのではないでしょうか。


それまで気づかなかった自分の気持ちに、気づいてあげられる。
それがカウンセリングにおける、
「 自分を大切にする 」ということの意味でもあります。

遠回りのように見えるでしょうか。
でも、遠回りのように見えて、
結局は一番の近道、ということもあるものです。

                  ( 初稿 2011.8 )

 

 上にもどる

 

   品川区大井町カウンセリング 夫婦カウンセリング フラッシュバックとは 神経症 カウンセリング

 

 東京都品川区のカウンセリング・ルーム「森のこかげ」のカウンセリングの話、「ふたつの心」のページです。

東京都品川区のカウンセリングルーム | 森のこかげ
電話・スカイプ カウンセリング案内
面談カウンセリング お申し込み・問い合せ