カウンセリングを経験して

  上山 英樹さん(仮名)35歳

以下の最初の文書は、
面談8回目のあとに書いて下さったものです。

私は、人間関係に何らかのストレスを大きく感じると、
そこから逃げたい気持ちが強く働いて、
なんだかんだと理由をつけては
学校や会社を転々と変えてしまうことを
10年以上繰り返していました。

実家に住んでいた時期が長かったので、
金銭的に楽な環境が
そういった状況に拍車をかけていたとは思います。

でも一人暮らしを始めて生活が苦しい時も
その傾向は変わらず、何故そうなってしまうのか、
理由を自分でもつかめずにいました。

私は、人の表情をすごく気にします。

そして相手の表情の中に、
強い不快感や怒りのようなものを感じとると、
自分のせいなのか定かでない時も、
そこからとても逃げ出したくなるのです。

「単に臆病なだけ」
「ケンカらしいケンカをしたことがないから」
などと自分では思っていました。

でも今は、本当の理由は別に幾つかありそうだ、と
思っています。

その一つは、先生と話していて気づいたのですが、
愛情が欲しかった自分は、理由は分かりませんが、
「いろんな事を常に心配しないと愛情を貰えない」と
幼心に思っていたようで、
それ以後はクセのように(無意識に)
それを頻繁に行なうようになっていました。

いまも幼い頃の記憶は曖昧ですが、
そんな風に思えるようになってから少し、
肩の荷が軽くなったように感じています。

気にし過ぎる傾向が少なくなり、
あまりクヨクヨ悩まなくなった感じです。

カウンセリングは、
身近な人には逆に話しにくいような話を
ちよっと聞いてもらうようなつもりで、
試しに行ってみるのも良いかと思います。


次の文章は、カウンセリングの終結後(13回)間もなく、
書いていただいたものです。

カウンセリングを通して私は、
人とコミュニケーションをとることに対して、
大きな怖れを持っている自分に、
改めて気づくことが出来ました。

高校時代に登校拒否をしていたことを皮切りに、
社会人になったからも
人と関係を作るのを苦手とし、
人とのコミュニケーションを避ける傾向がありました。

人とコミュニケーションをとる時に
どうしてよいのか、よく分からない事が多く、
いつも逃げ腰になっていたように、今は思います。

人から見れば簡単に分かる事だったかも知れませんが、
「自分が見たくない自分」を見つめることは、
時にとても難しい側面があり、
自分だけの力でそれに気づくことは、
私の場合、うまく出来ませんでした。

でもカウンセリングを通して、
そんな自分に気づくことが出来ました。

お陰で、人とコミュニケーションを図る時にも、
心の奥にある自分の気持ちを理解できているので、
変な怖れを抱かずに、以前に比べて、
積極的に人と話せるようになったと思います。

また、うまく話せない時も、理由がだいたい分かるので
そんな自分にイラつくことが減ったようにも思います。
 



 上にもどる

神谷恒一郎さん 46歳

大林 美都子さん 38歳

本畑 みか子さん 39歳

小山 咲子さん 44歳

 

佐田 美香子さん 42歳

野神 玲子さん 34歳 電話

外畑 広江さん 47歳

駒沢 弘子さん 37歳

山辺 奈緒子さん 24歳
橋本 由美子さん 52歳
加藤 佳子さん 35歳

林草 まり子さん 42歳

 

 

上山さんはその後、奥さんの故国であるイギリスへ移住されました。
あちらで旅行された際の写真を、
送って下さいました。

  品川区大井町のカウンセリングルーム「森のこかげ」が、カウンセリングを経験されたかたの手記を掲載しています。

東京都品川区のカウンセリングルーム | 森のこかげ