はぎわら ひさし( 萩原久慈 )

日本産業カウンセラー協会 産業カウンセラー
出身地 北海道

横のイラストは、
あるご相談者の方が描いて下さった物を、
使わせていただいています。

( かわいく描かれ過ぎているのが難点です )


いまは坊主頭になっています。
場合によっては、40代終わり位に見られることが、
時々あったりしますが、残念ながら
もっと上ですので、よろしくお願い致します。

不登校の子どもに関心を持ち、会社勤めをしながら子ども達
にかかわる中で、筑波大学大学院教授(当時)の宗像恒次先
生の行動科学や保健学・カウンセリングと出会い、学ぶよう
になったのがカウンセリングや心理療法へ入ってゆくきっか
けです。

カウンセラーとして、お金をいただいてカウンセリングを行
なうようになってから、すでに10年以上が過ぎています。

不登校の子どもたちに関心をひかれていったのは、
もしかするとわたし自身が、小学生の頃に、不登校気味の子
もだったからかも知れません。

以前は、別のカウンセリング組織の事務局で、カウンセリン
グをおこなっていましたが、経験重ねるに従って、自分のカ
ウンセリングへの考え方、やり方と組織を主導されている方
との乖離が大きくなり、そこから離れることになりました。

神田橋條治先生、石井哲夫先生、中井久夫先生、星野弘先生、
これらの先生方は臨床家として、わたしが真に尊敬し、多く
のものを吸収させていただいる方々です。
石井先生は自閉症や発達障害の子ども・人たちの療育と福祉
に、身を投じてきた方です。

非営利活動グループ(あぷゅいえ)を主宰し、早くから、地
域での訪問カウンセリングなどによる親子やご家族への支援、
講演会開催などの啓蒙活動にも、取り組んできました。
(現在、あぷゅいえの活動は行なっておりません)

自白の問題を通して、取調べや刑事裁判の問題を知り、えん
罪事件に関心をもち、浜田寿美男(奈良女子大学)先生を都
内に招いて、えん罪や刑事裁判についての講演会等を、何度
か開催したこともあります。
平凡社新書から出ている「取調室の心理学」は、これら一連
の講演会の内容をまとめたものです。

大井町でカウンセリングをおこなうようになったのが、
2008年からです。

故・下坂幸三先生(心理療法家・精神科医)は
このように語っていました。
心理療法(カウンセリング)に志す者なら、青年・壮年期
には、一日7〜8時間は臨床に打ち込める経験を持てたら幸
せです。
 職人やスポーツ選手の世界では、天賦の才に加えて、とこ
とん修練を重ねた者が、名人といわれるようになる。心理療
法の世界とて例外ではないでしょう。難しい例も敬遠しない
で、多数例の経験を積まなくては、いつまでたっても、腕の
立つ心理療法の職人にはなれないと信じます


個人のカウンセリングルームですので、
どこかの組織や施設に雇用されている心理職の方、
契約されているカウンセラーの方たちとは異り、
雇用先・契約先の方針や形態などに左右されることなく、
ご相談者との「カウンセリング関係」を大切にしながら、
面談をおこなっていける環境だと思っています。

あらかじめ日時を決めてお会いする予約制で行なっています。
特に看板等は出しておりません。ですので、構えることなく、
いらしていただけると思います。

大井町、大森、蒲田など、地元周辺にお住まいの方たちも、
よくいらしてくださいます。


▲ 上にもどる

 

  間関係の悩み 電話カウンセリング 夫婦カウンセリング 

  おとなしくてイイ子 看護師さんのストレス症状 過敏性腸症候群 生理前症候群

  うつ病と抑うつ神経症 カウンセリング品川区大井町

 

東京都品川区のカウンセリングルーム | 森のこかげ
電話・スカイプ カウンセリング案内
面談カウンセリング お申し込み・問い合せ