刺激とストレス


ストレス症状・ストレス行動には、
もっと強い刺激を求めることによって、
心身の不快な状態(ストレスやフラストレーション)から、
一時的に逃れようとする種類のものがあります。

人の意識や感覚は、それ以上の強い刺激を受けると、
前までの不快やストレスを一時的に忘れる、
という性質があります。

それらは、強い刺戟による、
不快状態・ストレス状態からの緩和行動(コーピング行動)と、
云うことが出来ます。


むかし、知り合いだった女性から、
職場ですごくイヤなことがあったり、頭にきて我慢できない事
があると、トイレに入って「 自分の腕を思いっ切りつねる 」
と聞いたことがあります。

痛みにまぎれて、不快感が一時的に消えるそうです。

誰もが、その人なりの対処行動というものが、
あるのではないでしょうか。

いわゆる「リストカット」などの自傷行為なども、
生理学的にみると、
そうしたストレス行動のひとつ、と云えるでしょう。

たとえば、こんなことがあります。

足が痛くて歩くのがひどく苦痛な時でも、
何かにひどくビックリすると、
痛みを忘れて駆け出している。
落ち着いてくると、また足の痛みがぶり返してくる。

あるいは、スポーツや運動などで、
夢中でやっている時に、少しくらいのケガをしても、
痛みを感じずにまったく気がつかないことがあります。

このような経験は、誰にも覚えがあるものです。
難しい言葉を使えば
「交感神経亢進による感覚マヒ」と云えます。

依存行動・嗜癖行動

そのため、
より強い刺激を繰り返し求める行動が、
次第に、依存行動・嗜癖行動になってゆくことがあります。

80年代のTVドラマの中で、こんな台詞がありました。
酒か博打(ばくち)か女ででも発散しなけりゃ、
 男は身がもたないってことだよ!!

食べ吐き行動といわれるものも、
生理学的には
こうした種類のストレス行動と考えられます。

いっぱい食べて一気に吐き出すと、
副交感神経が働いて、
疲労感とともに、一時的に穏やかな気分に満たされます。

それは、ストレスの深さのサインかもしれません。

たとえば、「 激辛 」食品の摂取なども、
刺激を求めるストレス行動の場合があります。

神経学的には、「 辛さ 」とは、味覚(味)でなく、
痛み 」の一種だからです。

ラット(ネズミの一種)に強いストレスをかける実験では、
ストレスをかけたラット同士を
ケンカさせるか、
噛み棒を与えてガリガリ噛ませると、
ストレス度が一時的に低下するそうです。

やたらイライラして人に突っかかる、ケンカっ早い、などは、
一時的、あるいは恒常的な、ストレス度を現しています。

強い歯ぎしりはストレス症状のひとつです。
「 歯を食いしばって頑張る 」という言葉もあります。
 

 

上にもどる

 

 

抑うつとは / 抑うつ状態・抑うつ気分
メンタルヘルスとは
不安神経症とパニック障害
面談カウンセリング案内
電話・スカイプ カウンセリング案内
面談カウンセリング お申し込み・問い合せ