神経症性うつと抑うつ神経症

精神医学には、
よくよく考えるとよく分からなくなる曖昧な用語が
とてもたくさんあります。

神経症性うつ、抑うつ神経症という用語も、
そのひとつのように思われます。

  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

カウンセリングにいらしたご相談者の方が、
医者からは神経症性のものだと言われているけど、
 自分はそんなに神経質じゃないんだけど

そうおっしゃることがあります。

この場合の「 神経症性 」とは、
神経質という性格のことではありません。

以下に記している「 神経症性うつ 」
あるいは「 抑うつ神経症 」という意味合いでの、
神経症性という
言葉になります。


ちなみに、
一般に使われることの多い「 うつ 」という言葉は、
「 うつ病 」のことではなく、
「抑うつ症状」を指して「うつ」と云っています。

関連ページ 抑うつとは(抑うつ気分・抑うつ状態)
      
(内因性)うつ病について

  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

すでに1960年代の頃から、
うつ症状で精神科の外来を受診する患者さんが、
 とても増えてきている

という報告がされていました。
( この時代には、心療内科はまだ一般化されていません )

そうして増えてきた患者さんの多くが、
「 神経症性うつ 」あるいは「軽症うつ病」と診断され、
「 抑うつ神経症 」も、神経症性のうつに入ります。

ちなみに軽症うつ病とは、通院治療で可能な病像のうつ病を、
通常こう呼んでいます。


医学関係の文章を見ると、論者によって
「 神経症性うつ病 」と「 神経症性うつ 」というように、
ふたつの呼び方が使われています。

それについては、中安信夫氏( 精神科医・精神病理学 )が、
このように語っています。

( 自分が「神経症性うつ」という用語を使っているのは )
まだ原因がはっきりとは分からないとはいえ、脳内の生化学的な
失調が推測される「 内因性うつ病 」に限定して
(うつ病という
用語を)
用いるべきであって、神経症の抑うつ型とでも云うべき
疾患に対しては
(うつ病という言葉を)使うべきではないと考え
るからである。


神経症性と内因性疾患

本来のうつ病とは、むかしから
「 内因性うつ病 」と呼ばれてきた病態を云います。

「 抑うつ神経症 」を含む神経症性うつと、内因性うつ病とは、
精神医学の業界では従来から、
神経症性と内因性疾患というように、別の病態とされます。

そして本来は、治療やケアにおいても違ってくるものです。

( 木村 敏 精神科医・精神病理学 )
精神医学は以前から、内因性・外因性・心因性の三つの原因領域
を、区別して考えていました。
「心因性」とは心理的な原因から生じた病態について云われる
言葉です。昔から 「抑うつ神経症」とか 「神経性うつ病」と云
われてきた病像なども、これももちろん「心因性」のカテゴリー
に入ります。
というよりもむしろ、そういった神経症性の病像こそ、心因性の
病態の代表的なものなのです。

「外因性」というのは、「器質性」というものと、だいたい同じ
意味です。
身体あるいは脳に、具体的に確認できるような形で生じている疾
患や病変によって、二次的に心の症状や精神的な異常を引き起し
ているものを指します。

そして、こうした心因性、外因性を除いたものを、「内因性の精
神疾患」と呼んできました。
精神医学の中心的な病気、つまり統合失調症、本格的なうつ病や
躁うつ病、パラノイアと呼ばれる妄想病、いわゆる非定型精神病
などは、すべて「内因性」に分類されています。

精神医学という専門領域が、内科学から分離して存在している
理由、単なる心療内科ではない精神科というものの存在意味、
それが内因性の疾患なのです。
もしそれが、「心因性」や「外因性」にすべて解消してしまえる
ものならば、精神医学の存在理由なんか、どこにもなくなってし
まうはずのものなのです。

そして、内因性といわれる疾患にはどれも、かなり特徴的な環境
や状況が、発症の誘因・要因として見られることに気づきます。


精神科医・精神療法家の神田橋條治氏は、
「 心因 」について
次のように語っています。

( 心因反応というのは、検査の数値で表わすことはできず )
言葉によってしか捉えられない。だから科学的に曖昧だとして、
心因という言葉は、診断学のいろんな体系からは排除されたの。
なのに何故、精神科では「心因反応」という言葉を使うのか。
それは、治療現場(臨床の場)で「心因」という言葉が、いつも
頭にあるといいからです。そして「心因」というものは何によっ
て捉えられるかというと、「察する」ことによって捉えられるん
です。
心因の存在は診断されるわけではないの。そうじゃなくて、心因
というのは「そうじゃないかしら?」と思って、察してあげるわ
けです。

さっきのおじいさんの例だったら、「この人がうつになられたの
は、いろいろな検査をしても何も出ないから、そういうことだう
な。やっぱり、年をとっていろんなものから離れてしまったため
に、憂うつになられたのだろろうなあ」と察する作業がある。
それがなくて、「症状評価尺度で調べたら、うつだから、抗うつ
剤を出す」となると、それは「科学」です。
ハッキリしたものだけを取り出して、それで薬を出すという形に
なると、命はメチャクチャになるの。医学だけで医療をすると、
むちゃくちゃなことになる。

医療には、うんと曖昧な領域がたくさんあって、お天気とか、周
りの人となにを話したとか、食べ物とか、本人がどう感じたかと
か、どんな気持ちでいるかとか、そういう数字で計れない因子が
たくさんある。その時に、医療従事者に「察する」力があれば、
道具としての医学を、間違った使い方で患者に用いることがない
ようにできる。
そういう察する力を残すために、「心因」という言葉は残してお
いたほうがいいんだと思います。


神経症性について

「神経症性うつ」と「抑うつ神経症」とは、
同じような意味の言葉として使われてきました。

神経症性うつとは、(内因性)うつ病ではなく、
抑うつ症状を主とする状態で、その背景に

精神的なストレスだとか、悩み事だとか、
「こうしたいけど、そう出来ない」などの心の葛藤、などが
重要な要因となって生じている、
と推測されるものを云います。

パートナー(夫・妻)を亡くしたり、
重要なものを失うなどの
喪失体験から直接生じていると思われる抑うつの場合には、
神経症性うつ、という言葉は使われません。


神経症性うつ病という用語は、人によっては恣意的に使われる。
たとえば、「精神病といわれるほど重くない、神経症レベルのう
つ病」を神経症性うつ病と呼ぶ人があるが、これだと、内因性う
つ病の軽症例も、もちろん神経症性うつ病と呼ぶことになる。
神経症性うつ病という名称を使うとすれば、明らかに内因性うつ
病ではなく、その上、かならずしも明白に意識されなくとも強い
葛藤が推測できるような、そういううつ状態でなければならない。
( 病院の診察室にいる医者よりもカウンセラーなど )心理臨床
の人たちの方が、このような神経症性うつ病に出会う機会が多い
かもしれない。

( 笠原 嘉 精神科医 )


神経症性のうつ( 神経症性の抑うつ )とは、
薬物治療は基本的に補助でしかなく、
心理的なケア( カウンセリングや心理療法 )が不可欠なもの、
という意味があります。

神経症性障害については、薬物は特に補助的な位置に立つ。
それは、葛藤を未解決のままに遷延
(せんえん / 慢性長期化)
させる。しかし、場合によっては、そうしているうちに周囲の状
況が変わり、問題が自然解消するかもしれない。
しかし、あくまでもそういうものであって、ただ漫然とした薬物
投与、特にいわゆる無診投与、あるいはそれに近い状態は、薬物
への精神的依存の生涯に陥らせかねない。

( 中井久夫 精神科医 )


生きる意味が見出せない無力感や空虚感によって、
慢性的な抑うつ気分をずっと抱え続けて生きてきた、
とおっしゃる人たちもいらっしゃいます。
ディスチミア親和型と呼ばれることがあります。

カウンセリングでお話をしてゆく中で、
「もしかすると、子どもの頃から、軽度な抑うつ感をずっと抱え
ていらしたのではないか 」
そう感じる方たちもいらしたりします。


もうひとつの抑うつ神経症

一方で、
精神分析畑の人たちの語る「抑うつ神経症」像があります。

それは、
強迫的な行動パターンだとか、強迫的な心情を有している人が、
そうした強迫的な生き方の行き詰まりや挫折をきっかけとして
生じくる、抑うつ症状・抑うつ状態を指しているものです。

このタイプの人たちの中には、
そうした強迫的な行動や心情ゆえに、仕事や職業の世界で業績
を上げる、成功する、という方たちもいらしたりします。

なにかの直接的なきっかけが在ったとしても、
それよりもむしろ、
強迫的な生き方や在り方の行き詰まり・挫折による失調、
という大きな文脈で生じてくる、
より本質的な「抑うつ神経症」と云えます。

この意味での「抑うつ神経症」の方とも、
カウンセリングでお目にかかる機会は、
少なくない印象を持っています。

うつ病は増えているのか

「 うつ病が増えている 」
「 新型うつ病があらわれている 」というキャンペーンが、
マスコミを舞台におこなわれています。

なにか「 裏 」を感じながら、
こうした一連のキャンペーンを見ている人たちもいます。

このところ、うつ病が増えてきているという話を、あちこちでお
聞きになると思います。しかし、私なんかの専門の立場から見ま
すと、本当の意味のうつ病というのは増えていない。むしろ、ど
ちらかというと減っているんじゃないかという気がします。
どういうことかと言いますと、「うつ病」と呼ばれて増えている
といわれるのは、実は本当のうつ病ではなくて、抑うつの状態を
主な症状とする、別の病像ではないか、ということなのです。

( 木村 敏 精神科医・精神病理学 )

私がこの三十年間、臨床場面で見てきた限りにおいて言うのです
が、本物のうつ病、正しくは内因性うつ病は増えているとは思い
ません。
「 うつ病は増えている 」という言説はまやかしであり、ずさん
な診断基準
(マニュアル診断)によって成立したものです。時に
私は、そこに誰かの作為すら感じてしまいます。

( 中安信夫 精神科医 )
 

加藤忠史氏(精神科医)は、
「気分障害の特集」の中で、次のように語っています。
以前は、精神科医も「 うつ病は脳の病気であり、薬で治る 」と
いうことを啓発しようと務めてきたが、行き過ぎる結果を招いて
いる。
とりあえず抗うつ剤という、画一化した医療が蔓延しているだけ
でなく、患者の側も、心の葛藤を、脳の障害であると訴えるよう
になってしまった。
いまや逆に、なんでもかんでも脳の病気ではないし、薬だけ飲ん
でいればよいというものではない、と啓発しなければならないと
ころまで来てしまった。

 

 上にもどる

 

 

 

 

 東京都品川区のカウンセリング・ルーム「カウンセリング森のこかげ」が、「神経症性うつ」と「抑うつ神経症」についてお伝えしています。

 

面談カウンセリング案内
電話・スカイプ カウンセリング案内
面談カウンセリング お申し込み・問い合せ