生理とストレス 〜 月経随伴症状・月経前症候群 〜


女性と男性の違いのひとつに、
生理( 月経 )の存在があります。

月経にも、精神的なストレスや心理的な要因の関わっていることが、
少しずつ理解されるようになってきています。

月経の周期と心理的影響

日本産婦人科学会(1990年)では、正常月経周期を25日〜38日と間と定義しているが、多くの女性はこのことを知らない。
そのために、28日あるいは30日ごとに規則的に繰り返されないことで、月経周期が不規則であると悩んでいる。
25日周期の者は一カ月に2回の月経が訪れることもあるし、35日周期の者は月経のこない月もあるが、それも正常周期の範囲のことである。
しかも月経周期は、生活のさまざまな要因によって影響を受ける。人間関係でのトラブルや悩み、試験や旅行、残業や仕事でのストレス、普段と違うイベント事などの影響で、容易に変動する。
( 川瀬良美 )


月経周期にともなって、
なんらかの
心理・精神症状身体症状を自覚する女性は
多いと云われています。

こうした月経周期にともなって自覚される心身の不調のことを、
「 月経随伴症状 」と云います。

その多くは健康範囲のものですが、
中には、そうした症状にひどく悩まされていたり、
そうした症状のために、日常生活や仕事にも影響が出てしまう女性もいらっしゃいます。

月経前だとか月経の期間になると、精神的にひどく不安定になったり、ひどく気持ちが落ち込んで、いつもなら出来ることもまったく出来なくなる。
そのため時には、仕事も休んで家に引きこもる状態になってしまう。

そうした悩みを持つ女性も、いらつしゃいます。

カウンセリングは、気持ちや問題を振り返り、
ご一緒に整理をしていくなかで、神経の緊張をといていったり、
ご自分でも気づかずにいたことを改めて理解してゆくことを、
大切にしているものです。

そうした中で、症状や状態が
少しずつですが、改善してゆくことがあります。

客観的に実態や状態を把握することで、症状が軽減したり消えたりする例は多い。
「 月経と心理臨床 」


よくみられる月経随伴症状

■ 心理・精神症状

イライラしやすくなる  怒りっぽくなる  攻撃的になる  憂うつ感に襲われる  無気力になる  物事が面倒になる  不安感がたかまる  涙もろくなる  集中できない  小さなこと・ささいなことが気になる  能率が低下する   等々

■ 身体症状・行動症状

下腹部の張り  下腹部痛  腰痛  疲れやすくなる  眠くなる  おりものが増える  乳房の張り  乳房の痛み  むくみ  のどの渇き  頭痛  頭が重い  肩こり  めまい  手足の冷え  下痢  便秘  食欲の亢進・減退  アレルギー症状が出る  ニキビができやすい  肌荒れが出る  食べ物の嗜好が変る

家族や友人に暴言を吐く  口論しがちになる  人付きあいが面倒になる  家に引きこもる  性欲がたかまる・減退する   等々


月経随伴症状には、
ホルモン等の変化によって、生理的に生じてくる症状ばかりでなく、
その時々の精神的なストレスや気分状態が、反映されているケースもあります。

人によって場合によっては、
もともと心の奥に抱えている未解決な葛藤だとか、わだかまりなどが、月経随伴症状を修飾していることもあります。

「 修飾 」するとは、いろいろなものを付け加えたり、影響を与えることで、元々のものよりも複雑にしている状態の事を云います。

月経周期は、上にも記しているように、
生活のさまざまな要因によって影響を受ける。人間関係でのトラブルや悩み、試験や旅行、残業や仕事でのストレス、普段と違うイベント事などの影響で、容易に変動する 」

視床下部(ししょうかぶ)と生理

月経や月経周期には、脳の「 視床下部 」という部分が
重要な役割としてかかわっています。

視床下部は、脳の中央部分の奥にあります。
そして、自律神経という生命・身体活動をつかさどる神経系とも、深くつながり合っています。

子宮と視床下部の働きは、ほぼ連動しており、視床下部が緊張すると子宮も同じように緊張し、血流障害につながる。したがって子宮まわりの疾患は、視床下部に及ぼす感情・情動ストレスとも、深く関係している。
( 宗像恒次 )

関連ページ 日常みられるストレス症状

月経前症候群と月経困難症

月経随伴症状は、症状があらわれる時期によって
月経前症候群 月経困難症 周経期症候群(PEMS)に分類されます。

月経前症候群とは、月経開始3〜10日前( 黄体期 )に始まって、月経の開始と共に( あるいは月経の開始から1・2日で )消えてゆく症状。

月経困難症とは、月経の始まりと共に生じる、あるいは月経の直前(1・2日前 )から始まる症状で、月経の終了に従って消えてゆく症状。

周経期症候群は、月経前から始まって月経になっても続く症状で、むしろ月経時に症状の程度が強まるもの。

この三つとも、時々ある、というのではなく、
周期的に繰り返されている状態のものを指しています。

PMS(月経前症候群)の診断基準

1・ 黄体期(月経開始の3〜10日くらい前)から発症して
  月経の始まりと共に消失あるいは減退する。

2・
同一症状が周期的に繰り返している。
3・
日常生活に影響が出るほどの症状である。

これら三点を満たすもの、とされています。

*「 我慢すれば耐えられる 」というのは
 日常生活に影響を与えている、に入るものです。

10代・20代はじめの女性の生理前症候群には、
 

月経周期とは

生理の周期 〜 増殖期 ・ 分泌期 ・ 月経期 〜

月経とは、女性ホルモンの働きが止まることで、
子宮の内側の粘膜の表面の層が壊死(えし)を起こして、剥がれ落ち、粘膜の組織と一緒に月経血となって、子宮の外に排出される現象を云います。

女性ホルモンとは、主に卵巣(らんそう)で作られるホルモンのことで、エストロゲンプロゲストロンとがあります。
卵巣とは、子宮とつながった器官で卵子が生まれてくるところです。

ですので月経血には、血液だけでなく、剥がれ落ちた子宮のさまざまな組織も含まれています。

月経の時に剥がれ落ちる子宮の内膜は、
卵子が受精した際には、受精した卵子(胞胚・ほうはいと云う)が着床(ちゃくしょう)して、そこで成長してゆく大切な場所になります。

ですので、妊娠したときには月経は起きません。

このように、子宮内膜は、月経周期にともなって、たえず再生と壊死をくり返しています。
こうした月経の周期は、「 増殖(ぞうしょく)期 ・ 分泌期(黄体期)・ 月経期 」の三つのプロセスに分かれています。

■ 増殖期
前の月経の終わりから次の排卵(はいらん)までの時期を云います。
前の月経のときに剥がれ落ちた子宮内膜の表面が、エストロゲンという女性ホルモンの働きによって、再び作られてくる時期です。

エストロゲンの分泌は、排卵の48時間前にピークを迎えます。精子が膣から子宮内に入ってきやすくするために、大量の粘液を分泌させます。

排卵とは、卵巣で育ち成熟した卵子が、卵巣から飛び出して卵管へ入ってゆくことです。
卵子は卵管の途中まで進んで、そこで精子との出会いを待ちます。
卵子が飛び出したあとの卵巣には、黄体(おうたい)という物質が作られます。その黄体から
プロゲステロンという女性ホルモンが、さかんに分泌されます。

■ 分泌期 黄体(おうたい)期とも呼ばれます。
排卵から次の月経が始まる直前までの時期を云います。

プロゲステロンは、受精卵が子宮内膜に着床して育ちやすいように、子宮の収縮を抑える働きなどをしてくれます。
また血液の中を流れて脳にとどき、脳の視床下部(ししようかぶ)に働いて、基礎体温を上昇させます。

■ 月経期
受精がおこなわれなかった場合には、排卵後12〜13日すると
エストロゲンプロゲステロンの作用は低下していきます。
そうすると子宮内膜は壊死をおこして剥がれ落ち、血液と一緒に排出されます。
ですので月経血には、血液だけでなくさまざまなものが含まれています。
血液と一緒に子宮の粘膜が排出されることを「月経」と云います。


この一連の「生理サイクル」を、女性は繰り返していきます。
この生理周期(サイクル)全体が、25日〜38日が、おおよそ正常周期の範囲だと考えられています。

 

 

▲ 上にもどる

     

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

メンタルカウンセリング  神経症 症状と治療  自律神経失調症 症状  職場 ストレス 人間関係

品川区大井町カウンセリング  夫婦カウンセリング    リンクのページ  相互リンクについて

 

卵巣

卵管

子宮内膜

子宮の略図

抑うつとは / 抑うつ状態・抑うつ気分
メンタルヘルスとは
不安神経症とパニック障害

 

面談カウンセリング案内
電話・スカイプ カウンセリング案内
面談カウンセリング お申し込み・問い合せ
東京都品川区のカウンセリングルーム | 森のこかげ