カウンセリング 相談内容

カウンセリングにいらっしゃるきっかけ、とお考え下さい。

男性・女性でみますと、
男性が4割、女性が6割くらいになります。

20代後半〜40代の方たちが、最も多くなりますが、
実際には10代の中学・高校生から、
50代・60代の方まで、いらっしゃいます。


 モヤモヤして、自分ではどうにもならない気持ちを、
  少しでも整理していきたい。

 頭ではいけないと思っているのに、繰り返してしまう。

 ご自分自身のことでの悩みやご相談。

 仕事での悩み。職場の人間関係やストレス。

 人間関係・人付き合いでのご相談。

 自分はアダルトチルドレンではないかと思っている、
  そう云われたことがある。

 夫婦関係や結婚生活、パートナーについてのご相談。

 ご両親との関係についてのご相談。

 不倫や恋愛でのご相談、悩み。

肉親を自死で亡くされた方が、
ご自分の気持ちを少しでも整理してゆくために、
カウンセリングにいらっしゃるケースもあります。

  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 これまで一度も楽しいとか、
  生きていて良かったと感じたことがない。

 むかしから自分の居場所をどこにも感じたことがない。

 生きづらさをずっと感じてきた。
  生きることに苦痛を感じてしまう。

 過食・嘔吐を繰り返してしまう。
  リストカットをしてしまうのをやめたい。

 自分のことをダメだ、と責めてばかりいる。
  自分のことを理解していきたい。

   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 抑うつのために苦しい気分になっている。
  情緒が不安定になっている。
  気分の波があり、情緒が不安定になりやすい。

 適応障害と診断されている。

 神経症や心身症を、薬ではなく・薬ばかりではなく、
  少しでも良くしていきたい。

 自律神経症状(身体症状)に悩まされているけれど、
  各種検査をしても異常は見当たらないと云われる。

いろいろな精神的な症状を抱えて、
苦しんでいらっしゃる方も、
カウンセリングにいらっしゃいます。

たとえば、
「通院していたときは、うつ病や重度の対人恐怖、社交不安、
パーソナリティ障害などと言われました」

「統合失調症のような被害妄想、人間不信、また現実乖離のよう
な症状を抱えています」

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

関連ページ カウンセリングをお考えの方へ

 

 上にもどる

 
   

  看護師さんのストレス症状 過敏性腸症候群 生理とストレス 神経症性うつと抑うつ神経症 

  カウンセリング品川区大井町

 

 東京都品川区のカウンセリング・ルーム「森のこかげ」が、「カウンセリングのご相談内容」についてお伝えしています。  

東京都品川区のカウンセリングルーム | 森のこかげ

電話・スカイプ カウンセリング案内
面談カウンセリング お申し込み・問い合せ