カウンセリングの散歩道

徒然なるままの、カウンセリング的雑文です。  

  
■ 思い込みメガネと先入観

 わたしたちは誰もが、普段から思い込みや先入観で、人や物事
を見ているところがあります。それと同じように、自分自身に対
しても、思い込みや先入観というものがあるものです。
 残念なことに、そうした先入観や思い込みを助長するような書
籍や出版物が、世間にはたくさん溢れています。自分を一番誤解
していたのが、実は自分自身だった、ということは、カウンセリ
ングをしていると、けっして珍しいことではありません。

 ご自分自身を、よりよく理解してあげること ・ ・ ・
 そんなイメージを持っていただくことが出来れば、きっとカウ
ンセリングの意味が、ご自身の中でとても深まるのではないでし
ょうか。

 

■ 危険なことば

 カウンセリングや心理療法では、「 自分と向きあう 」など
という言葉が、さかんに使われます。カウンセラーの自主勉強
会などでも、よく口にされています。

 しかし、この「 自分と向きあう 」という言葉ほど、クライ
アント(ご相談者の立場になる方)もカウンセラーをも惑わす
言葉はないように思います。

 わたしの尊敬する臨床家・治療者のひとり中井久夫先生は、
「自分をみつめよ、内面をみつめよ、などという面接はよくな
い」と語っています。
 そして、わたし自身も、カウンセリングを続けてきた中で、
同じような考えに至るようになっています。

 そういう意味からすると、カウンセリングを始めた頃と今と
では、わたしのカウンセリングの捉え方、面談の中身は、かな
り変化していると思います。「 自分と向き合う 」などという
言葉は、むしろ百害あって一利あるかどうか、くらいなもので
はないでしょうか。
カウンセリングという協同作業で大切になるのは、意味を発見
してゆく、ことではないでしょうか。


■ 欠点探しではなく

 カウンセリングは、自分の足りないところを探し出す、欠点を
見つける、ということが目的のものではありません。
 もっと広い意味があるように思っています。そして、一回一回
の面談ごとに、その意味が変わってきますし、カウンセリング関
係というのは、それを共に発見し創ってゆくという、とても創造
的な関係だということを、いつも感じています。

 カウンセリングが、実際にどのように進んでいくか、具体的に
申し上げることは、とても難しくなります。何故なら、お一人お
ひとり顔が違うように、面談やカウンセリングの中身や展開の仕
方も、少しずつ違くるからです。

 カウンセリングは、あらかじめ作られたマニュアルやプログラ
ムがあって、それにご相談者を当てはめて、それに従ってやって
いく、という性質のものではありません。
 それは本来のカウンセリングとは異質なものかもしれません。

 
 


   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

 
   

  看護師さんのストレス症状 過敏性腸症候群 生理とストレス 神経症性うつと抑うつ神経症 

  カウンセリング品川区大井町

 

東京都品川区のカウンセリングルーム | 森のこかげ
電話・スカイプ カウンセリング案内
面談カウンセリング お申し込み・問い合せ