心療内科とカウンセリング


心療内科や精神科に通院されていたり、
通院された経験のある方なども、
カウンセリングに普通にいらっしゃいます。

カウンセリングは、ご存じのここと思いますが、
病院やクリニックとは違いますので、
ご病気や障害の有る無し、などにかかわらず、
サイトをご覧になって希望される方でしたら、
どなたもいらしていただけます。


カウンセリング的なものを求めての受診

お話をうかがっていると、
特に「 心療内科 」を受診する方の中には、
なんとなく、じっくり話や悩みを聞いてもらえるような、
そんなイメージを抱いている方も多いようです。

つまり、カウンセリング的なものを求めて、
受診する方たちが多くいらっしゃる、ということが
分かります。

しかし病院ですので、
(クリニックというのも、入院設備のない小規模な病院。
 つまり診療所を指します)
症状を聞いて薬を出して終わり、ということが多くなります。

精神科医は、薬以外に治療手段を持っていないのが、
いまや現実になってしまっています。

大学の医師研修は考えることの少ない方向へ精神科医を育てて
いるように見える。
昨今の診断の付け方は、見かけの上の、本質を問わない方向に
流れている。それに合わせて、治療
(薬物療法)は表面化した
症状のコントロールに過ぎないというキャンペーンが行なわれ、
症状に対応した形で薬が出される。
DSM
(アメリカ製のマニュアル診断法)で診断するとは治療を
無視して診断することのように見える。

( 神田橋條治 精神科医 精神療法 )

そのためでしょうか、
こんなお話しをお聞きすることも多くなります。

がっかりしてしまって、
 一度行ったきりで
(通院を)やめてしまった

なにか云うと、ただ薬が増やされるだけなので、
 いまでは、ただ薬をもらいに通っているだけです

自分の悩んでいることが薬で解決するようなことなのかな、
 と思いはじめて、カウンセリングに申し込んだ

もっと話しを聞いてもらう必要があることを感じている


心療内科とは

「 心療内科 」という科目は、ご存じのように、
1995年に起きた阪神・淡路大震災のあとに、
厚生省(当時)から正式に認可された診療科目です。

そして、心療内科とは、内科とあるように、
本来は、心身症とされる患者さんを診るところを云います。

心身症とは、心理的・精神的な要因によって引き起された
身体の病気のことです。

関連ページ 心身症とは〜心の問題と身体の病気

ですので、たとえば

心身症としての高血圧症( 本態性高血圧症 )。
心身症としての心不全、くも膜下出血、緑内障。
心身症としての胃潰瘍、胃腸炎、十二指腸潰瘍など。
心身症としての蕁麻疹(じんましん)などの皮膚疾患。
心身症としての腰痛  など、さまざまです。

身体の病気には心身症が多いことは
むかしからよく知られていた、と云われます。

しかし、身体の病気として自覚する人が、
自分から心療内科を受診することは、あまり考えられません。
普通は、内科や婦人科、皮膚科などの身体病の診察科に、
自ら足を運ぶことになります。

心療内科を受診する患者さんは、むしろ現実には、
気分的・精神的な不調やつらさ、を主訴とする方が
大半ではないでしょうか。

「精神科」と聞くと、なんとなく敷居が高いけれども、
「心療内科」であれば比較的気軽にかかりやすい、
というイメージがあります。

そのため、上にも記したように、
話しをじっくり聞いてもらえるようなイメージを抱いていて、
受診される方も、多くいらっしゃることになります。

このような現実があるため、精神科医が開業する際に、
患者さんを集めやすいように「心療内科」を掲げる場合が多い、
と云われています。

心療内科を掲げる街のクリニックの7〜8割は、
実際には、そうした形のものとも云われています。

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

カウンセリングでお話しをうかがっていると、
残念なことに、首をかしげるような診察や治療の話しを、
お聞きする機会が増えている気がしています。

たとえば、女優の荻野目慶子さんが、
ご自分の体験を雑誌に書いていらっしゃいます。
荻野目さんは、自殺をしている恋人を発見します。

スキャンダルとして扱われ、生きる上で窮地に立たされた。
しかし仕事は難しくなり、八方ふさがりだった。
当時、病院を何軒、回っていたことだう。
精神科医にも何人、逢ったことか。私の場合、本名と芸名が
同一のため、その度に好奇の眼を感じ、およそ心の内を話せる
状態に至らず、「こんな人が精神科医に?」という疑問、裏切ら
れたような哀しみ、やり場のない絶望感に打ちのめされ、薬だ
けを手にして逃げるように去った日々。
分厚いアンケート、見るだけでウンザリする、あるいは気恥ず
かしくなる様なアンケートをさせる病院もあった。自律神経失
調症に関する本で探した、その道では有名な病院だったが。
おきまりのアンケートで人間を図面化し、それを入口にして何
が見えてくるのか。どうしてまず最初にその人間の印象、眼光
や挙動、その時発信している空気を感じようとはしてくれない
のか。

( 新潮45 自殺で残された側は 2000年 )
 

医師免許を取りたての人は治療はできないですね。大学には治療
学という講義がないのを医師はみんな知っているけど、世の中の
人は知らないからね。
みんな医学部で治療を教えているだろうと思っているけど、
治療学はありません。
( 神田橋條治 )

一般には知られていないが、医科大学では治療学の授業は行な
われていない。卒業し、国家試験に合格して医師免許を得たの
ち、先輩に指導され、自身で経験から学びながら治療法を身に
つけてゆくのが、医師の職業人生である。
したがって、最新の知識など知らず、免許の再審査制度が発足
したら不合格確実の、評者のような老医のほうが八割がたの病
気の治療については、大学の先生より上手なのである。

( 神田橋條治 )

これはなにも精神科医だけではありません。
カウンセラーについても、まったく同じことが云えます。

臨床とか治療とは、そういうものだからです。
そのため、行なう人個人による差や違いが、
とても大きいものです。


症状の意味

どのような症状や状態であっても、
精神的なストレスだとか悩み事、心の葛藤などが、
根っ子として関わっている場合、
そうした根っ子をないがしろにしたまま、
「 症状 」ばかりを追いかけていると、
かえって慢性化・複雑化してゆくことが多くなりがちです。

今では誰もがよくご存じのように、
クスリとは「 症状 」を一時的に緩和するものです。

薬が病気を治す(治療する)わけではありません。

もちろん苦痛な症状を緩和することも大切です。
ですが、ただそればかりを繰り返していると、
結局は、行き詰まる場合が多くなります。


症状そのものは病気ではありません。
身体の症状の場合でも、生体が自己防衛のためにそういう症状
を出しているわけです。だから、すぐに解熱剤や頭痛薬で安易
に症状を取り除くことは考えものなのです。
「症状」は病気ではありません。本当は病気
( 症状をもたら
している元にあるもの )
を治さなきゃいけないので、症状は
むしろ体が病気に反応して出しているものなのです。
精神的なものも同じです。

( 木村 敏 精神科医・精神病理学 )

( 厚労省などでは、新しい薬の開発によって統合失調症の回復
が期待できるようになった、と謳っているが )
新しい薬も含め、向精神病薬は脳活動を低下させるので、筋肉
を使わないと筋肉が萎縮するように、脳も使わないと萎縮する
という12年間追跡調査したホー(アメリカ)らの研究報告があ
ります。
薬で気持ちを落ち着かせ、動きや行動を抑えることは可能かも
しれませんが、症状の背後にある「不安」「悩み」「苦しみ」
を本当に取り去ることにはつながらず、また発症までに至った
原因や理由を、改善させることにはならないのです。

( 宗像恒次 筑波大学名誉教授 )

ある女性のご相談者に、こんなお話をお聞きしました。
いま話したようなことを(診察の時に)少し云ったら、
 お医者さんに、ここでは不安を一時的に緩和するお薬を出せ
 るだけなので、本当の問題を解決するのはここでは出来ませ
 ん、って云われた

むしろ、良心的なお医者さんだと思います。


薬ではなく、心を大切にしてゆくもの

薬の服用によって症状を軽くしたり、
症状の程度を抑えることで、その間に自然に問題が解決し、
薬が必要でなくなっていけば良いでしょう。

そのような場合も多いと思います。

でも、それだけではなかなか良くなっていかない ・ ・ ・
いつまでも薬から抜け出せない ・ ・ ・
そもそも薬で解決してゆくことなのだろうか ・ ・ ・

そう感じている方たちは、
現実にはたくさんいらっしゃることと思います。

カウンセリングは薬ではなく、
お話をしてゆくこと( 対話 )を通して、
神経の緊張を緩めたり、心身のストレスをといていったり。
心や気持ち、問題などををご一緒に整理し消化してゆくことを、
とても大切にしているものです。

   

上にもどる

 
   

 品川区大井町カウンセリング  夫婦カウンセリング  神経症 カウンセリング  不安発作と不安神経症

 

 

面談カウンセリング案内
電話・スカイプ カウンセリング案内
面談カウンセリング お申し込み・問い合せ