悲しみについて

                   2011年6月27日記す

もっと悲しんだって、いいんだよ ・ ・ ・
きちんと悲しめずにいることこそが、
よけいに人を苦しめるのです。

そうお伝えしたくて、この拙い文を書きました。


カウンセリングからみるとき、
「 感情 」には、それぞれ意味があります。

なかでも、悲しみとは、
「喪失感(そうしつかん」と根っ子のつながった感情なのです。

  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

では喪失感とは、どのようなものを云うのでしょう。

それは、
あなたにとってとても大事なもの ・ ・ ・
あなたにとってとても大切な意味を持つもの ・ ・ ・
あなたにとって
なにか他では替え難い思いや執着のあるもの ・ ・ ・ 。

それが失われてしまったり、
あるいは、失われそうになっていて、

しかも、それを自分ではどうすることも出来なかったり、
どうすることも出来ない、と感じている。

喪失感とは、このような心の姿をいいます。

そして「 悲しみ 」とは、
こうした喪失感と、根っ子のつながった感情なのです。

だから、たくさん悲しんだっていいのです。

きちんと悲しめる場が在るからこそ、
いっぱい悲しめる場が在るからこそ、
そこから新しいこころの芽も芽吹くことが出来る。

そして、なにも云わずに、
ただ黙ってそばにいてくれる人さえいれば、
こころはきちんと悲しむことができる。

カウンセリングが、
こころの新しい芽が芽吹いてゆくことを
見守りつづける営みであることを、願ってやみません。

  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

悲しみとひと口に云っても、
普段の日常のなかで感じ ・ 消えてゆくような
淡く、ささやかなものから、

生きる意味や意欲を見失ってしまうような
深く深い悲しみまで、さまざまです。

しかし、そのいずれのときも、悲しみの背後には、
「 喪失感 」とつながった何かがあるものです。
 


▲ 上にもどる

 


 


 

 

 

東京都品川区のカウンセリングルーム | 森のこかげ
電話・スカイプ カウンセリング案内
面談カウンセリング お申し込み・問い合せ