メンタルヘルスを考える

案山子(かかし)モデルと
弥次郎兵衛(やじろべえ)モデル

「メンタルヘルス」とは、ご存じのように、心の健康のあり方、
あるいはストレス対策としての心のケアを云うものです。

メンタルヘルスのあり方に対して、時折、
間違ったイメージをお持ちの方がいらっしゃいます。

たとえば、心が「揺れ動かないこと」だとか、
「バランスを崩さにいために自分をコントロールすること」を、
メンタルヘルスのあり方、
というふうなイメージを持たれている場合があります。

それを「メンタルが強い」と云ったりしています。


こうした考え方を、わたしは
案山子(かかし)モデル 」と呼んでいます。

意外に思われるかも知れませんが、
「 揺れ動かないようにすること 」
「 バランスを崩さないようにすること 」が
メンタルヘルスのあり方、ではありません。


「 案山子モデル 」の対照が、
弥次郎兵衛(やじろべえ)モデル 」です。

弥次郎兵衛は、ふらふらと左右に揺れて動いて、
いかにも不安定に見えるかも知れません。

でも右に傾いても、左に傾いたとしても、
いつもその都度、中心に戻ってくることが出来ます。
そのまま行きっ放しになるのではなく、バランスの取れた位置に、
やがて自分で戻ることができる。

それに対して案山子はどうでしょう。

たしかに、雨が降っても風が吹いても、
動かずにしっかり立っているように見えます。
でもそれは、一度でも傾いてしまったり、倒れてしまうと、
もう二度と元には戻れないからです。

必死にそのままの格好で、
足を踏ん張って、頑張るしかないからです。

メンタルヘルスあり方とは、案山子の硬さではなく、
弥次郎兵衛の柔らかさを目指すものである必要があります。

 

2010年6月

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 
   

 

 

面談カウンセリング案内
電話・スカイプ カウンセリング案内
面談カウンセリング お申し込み・問い合せ