親子の伝達 〜 伝わっていくもの 〜


赤ちゃんや子どもは、親御さんの感情を受け継いで、
育っていくところがあります。

顔や形が似るだけではなく、親が抱える強い感情も
受け継いでいく場合があります。


たとえば、アンナ・フロイトという女性の日記に
こんな観察が書いてるあるのを読んだことがあります。

アンナは、ロンドンで孤児院をつくり
親のいない子どもたちのお世話をしていました。

第二次大戦、ドイツのミサイルが
連日のようにロンドンの市街地を襲っていた頃でした。


警報とともに、地下壕に逃げ込んでくる人々の中には、
お母さんに抱かれた赤ちゃんや、幼い子どもたちもいます。

そして、お母さんたちの中には、とても不安そうにおびえ、
恐怖で混乱し、取り乱している人たちもいます。

そうしたお母さんと一緒の子どもや赤ちゃんは、
皆とてもおびえた表情で、
不安げで、泣いたり震えたりしています。

一方、なかには
普段とあまり変わらない様子のお母さんも、いたりします。
そうしたお母さんと一緒の子どもたちは、
空襲の地下壕の中でも
おびえた表情もみせず、遊んだりしていると云うのです。


これはひとつの例ですが、

つまり、赤ちゃんや、子どもにとっては
空襲や避難という状況そのものではなく、
親から伝わってくる不安感や緊張感などの感情に
一緒になって反応している、と考えられるわけです。

アンナ・フロイトは、こうしたことに気づいて、
子どもたちを避難させるときにも、自分やスタッフが、けっして子どもたちを怯えさせたりしないよう気を配っていることが、書いてありました。


これをお母さんと赤ちゃん・子どもとの
「 情動調律(じょうどうちょうりつ)」と呼びます。

赤ちゃんや子どもと、お母さんのとの間では
強い心の引力が働いているのです。

たとえば、雀の赤ちゃんは
最初から人間におびえているわけではありませんね。
観察すればすぐに分かります。

親雀がこわがって逃げるので、それを真似ていくなかで
人間におびえる習性を身に付けていくわけです。

人間の親子は雀よりも、もっと複雑な関係です。

わたしたちは、大人になっても
そのように親から受け継いだ感情を
どこかに抱えて生きていることが、あるかもしれません。

大事なことは、わたしたちの親は、そのまた親から
そうした感情を受け継ぎ、抱えて生きてきた ・ ・ ・


考え方は、いろいろあるにしても
こうしてみていくと、

わたしたちは親と子という関係の長い流れの中で、いま生きているし、時には悩んだり苦しんだりしている、ということに改めて気づくのです。

ですから、
もしもホントウの「 自分探し 」というものがあるとしたら、
自分の親のことを知ることから、始まるのかもしれません。

どんな子どもだったのか ・ ・ ・
どんなふうにそれを生きてきたのか ・ ・ ・
親を知っゆくこと、理解してみること、そこから始まるのかもしれません。

 


 

 上にもどる

 

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

メンタルヘルスとは
不安神経症とパニック障害

 

面談カウンセリング案内
電話・スカイプ カウンセリング案内
面談カウンセリング お申し込み・問い合せ
東京都品川区のカウンセリングルーム | 森のこかげ