おとなしくてイイコ 〜 蘭の花とタンポポ 〜


赤ちゃんや子どもを、タンポポと蘭の花にたとえて
分かりやすく説明しているのが
乳幼児臨床医の渡辺久子さんです。


タンポポは元気いっぱい。
たとえアスファルトの切れ目でも、水と日光があるところなら、根と葉を伸ばし、元気に花を咲かせます。

一方、蘭の花はとても繊細です。
タンポポのようには、どこにいても元気に花を咲かせてくれる、というわけにはいきません。

蘭の花が育ちやすいように、環境を整え
手入れをしてあげて、美しい花を咲かせてくれます。


赤ちゃんや子どもにも、
「 タンポポタイプ 」
「 蘭の花タイプ 」の子どもがいるのです。
 

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 おとなしい赤ちゃん

たいていの、赤ちゃんや子どもたちは、
親が多少間違ったことをしても、元気に育ってくれます。

自分の要求を泣いて訴え、
親が手をかけずにはいられなくさせます。

でも中には、
とてもおとなしい、静かな赤ちゃんや子どもがいます。

この子は、手のかからない子どもでした

そう語ってくださるお母さんもいらっしゃいます。

上の子が手のかかる時期で、大変だったので、
 この子が静かな子で、すごく助かったんです

部屋に一人で寝かせておくと、始めはよく泣いたけど、
 忙しくてかまってやれずにいたら、
 いつの間にか一人でいても泣かなくなりました

この子の場合には、なにも構ってやれないうちに、
 いつの間にか一人で大きくなっていった感じです。
 だから今、それまでの分を取り戻している気がします

そんなふうに打ち明けてくださる親御さんも
いらっしゃいます。

今でもあのコとは、なんとなく距離があるっていうか、
 ほかの子どもたちとは少し違って、あのコとは
 距離感みたいなものをずっと感じてきたんです

そう語ってくださるお母さんもいらっしゃいます。


とても我慢強くて転んでも泣かなかったり、
ほかの子どものようには
自分から要求や訴えをすることが少なかったり、
だから、とてもしっかりしているように
見えていました
・ ・ ・ ・

そう話してくださる方もいらっしゃいます。

ひどく叱ったときにも、他の子のようには泣いたりせず、
じっとわたしのことを見ていたのが
とても印象に残ってます

そんなお話をお聞きすることもあります。
 

もちろん、すぐにこうしたお話を
していただけるわけではありません。

何回かお会いして信頼関係が生まれてから、
というよりも、
問題や親子関係が良い方向へ進んでいった後から、
少しずつ語ってくださる、と申し上げたほうが正しいでしょう。
 

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 心の絆と心の安心感

生を受けて、これから育っていこうとする
赤ちゃんや子どもです。

しかも、生まれ落ちるとすぐに走り出すような
他の動物の赤ちゃんとは違って、
人間の子どもは、どうしても、
手をかけて、お世話をしてもらう必要があります。

泣いて自分の存在を周囲に告げる、要求を訴える。
親が手をかけずにはいられなくさせる ・ ・ ・
元気な赤ちゃんと子どもの姿です。


でも、蘭の花タイプのとても繊細な赤ちゃんの場合、
いろいろな、やむをえない事情の重なりによって、お母さんとの情緒的な絆が、十分に育つことを妨げてられてしまう場合が、出てくることがあります。

たとえば、赤ちゃんを産んだ直後に
お母さんが病気がちとなって体調が思わしくなく、
赤ちゃんからの呼びかけに十分に応えてあげられずにいたり。

自営業などで仕事がとても忙しく、
どうしても親御さんの時間的な都合によって、
お世話をせざるをえなくなっていたり。

生まれて間もなくの時期に
赤ちゃんかお母さんかどちらかが病気になって入院し、
母子分離が続いてしまったり。

こうした、いろいろな事情の幾つもの重なり合いが、蘭の花タイプの赤ちゃんや子どもにとっては、心の絆や心の安心感を育ててゆくうえで、ハンディキャップになりやすさを持っています。
 

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 心の絆と心の安心感

こうした、さまざまな事情の重なり合いによって、心の安心感や心の絆が、十分に育ち切らずに大きくなってしまうと、
子どもによっては、幼稚園や保育園の頃から、「 ちょっと心配 」と思えるような様子をみせることがあります。

不安そうにとても緊張した様子をみせていたり、
落ち着かなく動き回ったり、
逆に、ひどく大人っぽい言動を見せることもあります。

そこを通過すると、今度は思春期前後に、
自分から問題を表現してきたり、
問題を訴えてくる子どもが出てきます。

でも問題を出してくれたり、訴えてくれたら、実は喜ぶべきことかも知れません。
それはむしろ、健康な力のある印だからです。

もう一度やり直す必要がありますよ、と
子ども自身が教えてくれているからです。

問題がもっと深刻だったり、あるいは
問題を訴えられるような状況や関係にないと諦めていると、
子どもは心の奥にフタをして
押し隠したまま生きてゆくことを選びます。


思春期にやり直しができなかった人は、社会に出てから、あるは中年期前後に、なんらかの問題を訴えることが、多くなるかもしれません。


そのため
こうした赤ちゃん(子ども)やお母さんに対してこそ、
きめ細かな支援やサポートが、本当は必要ですし、
こうしたことをよく分かった
うえでのサポートが
とても不可欠だと云えます。

( 初稿 2007.5 )

 

▲ 上にもどる

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

メンタルヘルスとは
不安神経症とパニック障害

 

面談カウンセリング案内
電話・スカイプ カウンセリング案内
面談カウンセリング お申し込み・問い合せ
東京都品川区のカウンセリングルーム | 森のこかげ