燃えつき症候群について


「 燃えつき状態 」
「 燃え尽き症候群 」という言葉があります。
耳にする機会は多いのではないでしょうか。

燃えつき症候群とは

カウンセリング、あるいはメンタルヘルス領域で云う
「 燃えつき状態 / 燃え尽き症候群 」とは、
次のような意味としてあります。

自分なりに「こうしていきたい」「こうなりたい」という
希望や目標、大事な思いを持ち、
悩みながらも頑張ってきたにもかかわらず、

その結果として、
「 徒労感や虚しさ 」「ふかい疲労感」「無力感」ばかりを
抱えるようになってしまった状態を云います。


"意味"が失われていく

燃えつき状態になってしまうと、
自分がやっている事に対して、あるいは何もかもに、
意味を見出せなくなっていきます。

徒労感や疲労感を深くし、気力を徐々に失っていき、
同時に、そんな自分自身に対して、
罪悪感や「 自分はダメだ 」という自己否定感を抱えてしまい、
自信を失った堂々めぐりに落ち込んでゆきます。

突然電源が切れて、
 動けなくなってしまったような感じです

そんなふうに訴える方も、いらっしゃいます。

こうした一連の状態の中で
現われ出てくる様々な心理的・身体的症状をまとめて
「 燃え尽き症候群 」と呼んでいます。

そのため、燃えつき症候群の多くには、
程度の違いにかかわらず、
「 抑うつ感 」を伴うことが多くなります。

たとえば過労死( 病死や自殺 )のケースのなかには、
燃えつき症候群から来る深刻な抑うつ状態が、
背景に存在することが多いように思われます。

もちろん、燃えつき症候群は、
職場や仕事の場だけの問題ではありません。

たとえば程度が違うだけで、結婚生活、夫婦関係の中でも、
このような心の問題がしばしば起きています。
 

頑張れる人でなければ燃えつきになれない

燃えつき状態に至る背景には、ひとつには、
上でも触れたように、
自分なりの希望や大切な思いを持って、悩みながらも
グチや弱音も吐かずに頑張ってきた、という背景があります。

あるいは、グチも弱音も吐けない状況や環境 ・ ・ ・
ということが、存在するケースもあります。

そして中には、いいコの人も多いために、
「ノー」と云えずに、すべて自分で抱えて、
期待に応えなければ、自分がやらなければ、と
頑張っていらした方も、いらっしゃいます。

「 人に相談する、人に話すことが苦手 」
「 頼んだり、頼ったりできない、これまでしたことがない 」
そうした方も、いらしたらします。

なかには、
「 相談するってどういうことか分からない 」
そうおっしゃる方もいらっしゃいます。

燃えつき状態とは、たとえて云えば
乾いたタオルを更に絞り尽くしてしまった、状態かもしれません。

そもそも頑張れなければ、頑張れる人でなければ、
燃えつき状態にはなれません。


頑張れる自分と大事にできる自分

心の余裕が失われているとき、
ひとりで抱えているだけでは、
出口の見えない迷路を、さまようことになります。

燃えつき状態の背景には、
きっとあなただけの「 物語り 」があるのではないでしょうか。

「 回復する 」とは、
「 元の状態(元の自分)に戻る 」ことではありません。

元に戻るというのは、
また悪くなるかもしれない状態に、戻ることだからです。
 

上にもどる

 

 

 

面談カウンセリング案内
電話・スカイプ カウンセリング案内
面談カウンセリング お申し込み・問い合せ