適応障害について


皇太子妃の雅子さんの病状も
初期の頃は「 適応障害 」と発表されていましたね。

適応障害(adjustment disorder)とは、以前から
「 反応性の○○○ 」と呼ばれてきたものと重なります。

たとえば、反応性の抑うつ、反応性の身体症状、
反応性の情緒障害、反応性の食欲不振、等々。


「 適応障害 」とは、
たとえば、職場や学校、家庭などで、
本人にとって、なにか精神的なストレスやもたらす出来事が
繰り返されることで、
それに引き続いて生じるようになった状態・症状です。

そして、そうした状態や症状のために
その場( 職場や会社、学校やクラスなど )で
著しい困難を生じるようになっているものを、
適応障害と呼んでいます。

ですから、適応障害として表にあらわれ出るまでに、
ご本人は、自分なりにかなり耐えていた、という状況がある、
ということを、察してあげる必要があります。


なお細かなことですが、
同じストレス障害でも、
外傷後ストレス障害( PSD )は、適応障害には含みません。
また、大事な人との死別等による反応も
適応障害とは呼びません。

適応障害には、一時的、一過性的な意味が含まれています。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 一時的、一過性的なイメージ

適応障害と云うときには、
本来は、一時的・一過性的という意味を含んでいます。

一時的・一過性的とは、
状態を複雑化していくような他の要因が現われずに、
葛藤やストレスをもたらした何かが解決・軽減されることで、
症状が消失したり軽減されて、すみやかに改善されるもの、
という意味があります。

ですから雅子さんも、
当初の頃は適応障害と呼べるものだったのでしょうが、
それがそれでは済まなくなっていった。

さらに葛藤やストレスを深める状況があり、
状態が重症化・複雑化していってしまった、
ということだと思われます。

症状や状態が複雑化・重症化とてゆく、とは
「 こじらせる 」ということです。

中医学(中国医学)には「壊病(えびょう)」という言葉があり、
壊病という言葉も、つまりそういう意味になります。

考えてみれば雅子さんの場合などは、
まわりの環境が変わることで、
ストレス要因が解消されたり軽減するのを期待することは、
はなはだ難しく、むしろ不可能なことかもしれません。

このような長い間心の休まることのない状態の人に対して、
先日のニュースによると、静養先に向かう途中の駅の構内で
「 税金泥棒、皇室から出て行け 」と
罵声を浴びせた男性がいたそうです。


適応障害とは、上に記したような意味ですので、
適応障害としてみられる症状、状態は様々です。

適応障害としての抑うつ、自律神経失調症、あるいは引きこもり、
食欲不振、不眠、行動障害
(暴れるだとか、キレてさわぐ、物をこわす、など)、
などさまざまなものが見られます。


 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「 ここはどうしても自分に合わないな 」
「 これはどうしてもイヤだ 」
「 ここは絶対に我慢がならない 」

そう感じたら、自由にそこから離れられたり、
自由に適当な距離をとれる環境では、
当然ですが適応障害にならずに済みます。

症状によっては、薬を服用することで
一時的に症状が軽くなることもあるかも知れません。

しかし、ご本人の内に抱えるストレスや葛藤、問題が
解消・消化されないままでは、望ましいものではありません。

「 時は薬 」で、自然解消、自然解決してゆけば良いのですが、
適応障害の場合には、いずれにしても
薬は一時的なものと考えるべきかも知れません。
 


上にもどる

 

 カウンセリング森のこかげ  メンタルヘルスとは 燃えつき症候群 抑うつ状態 カウンセリングと心療内科

 品川区大井町カウンセリング 臨床のこば カウンセリングを経験してみて ご相談者のことば    

 

 

面談カウンセリング案内
電話・スカイプ カウンセリング案内
面談カウンセリング お申し込み・問い合せ